役員変更を行った場合

役員変更を行った場合の建設業許可について

建設業許可における役員変更とはどのようなものなのでしょうか?建設業許可を申請していたときと、役員が変更した場合は速やかに手続きを行う必要があります。とくに法人の場合は、会社の謄本である履歴全部事項証明書の変更手続きも合わせて行います。通常30日以内には、手続きを行い申請も行う必要があるため、法人の建設業において役員変更した場合は、すぐに有資格者へ依頼しましょう。役員変更の手続きを法務局へも行い、さらに建設業許可申請の手続きも再度、30日以内にとなると、日常の業務を行いながらは非常に難しくなります。

よって、有資格者である行政書士などへの依頼が重要であり、書類に不備のないようにお願いすること、事業の業務に影響を及ぼすことなく手続きしてもらえるのです。役員が変更するということは、会社の大黒柱が変わることにもなるため、国や地方への届け出もありますし、また、建設業という許可申請窓口への手続きも非常に重要であります。また、注意が必要なのは、30日以内とされる役員変更手続きも、経営業務上の管理責任者も変わる場合は、さらに期間が短くなり2週間以内となります。確かに、建設業の看板において、責任者も実は変わっていたとなると、迅速な対応を求められることが間違いなのです。

よって、スピーディな建設業許可の役員の変更手続きが重要になります。建設業許可の変更手続き費用も、会社の経費として、一度で落とすことが可能です。計上漏れのないように気をつけて行いましょう。建設業においては、その手続きが複雑な場合は、気がつかないでいると罰則という場合もあります。会社の登記変更を忘れていると罰則など、非常に注意が必要なのです。日々の業務の中、すべてに意識して行うことは難しいため、手続きなどのプロフェッショナルへの定期的な依頼と相談が必要であり、事前に相談を行うことで、より迅速に必要な手続きを行って頂けるのです。

建設業許可における役員の変更は、早い場合は2週間以内の申請書類の提出が求められていることと、会社の登記内容も変更になるため、さらにスピーディな手続きを行う必要があるということを強く意識してください。それは、有資格者である行政書士へ依頼することで安心してすすめられるということも覚えておくと、今後直面する場合に役立ちます。以上、役員変更を行った場合の建設業許可についてご紹介しました。手続き期間に注意して経営を行っていきましょう。